病理学研究室

研究内容

 環境汚染、がん、疾患モデルに注目し、電子顕微鏡・核酸・タンパク質レベルでの分子病理学の手法を用いた国際的研究を目指しています。

1.地球温暖化、異常気象、化石燃料の消費増に伴い増加している黄砂・PM2.5の健康影響についての病理学的研究

2.がん細胞(培養、免疫不全マウスへ移植)の悪性度・抗癌剤耐性獲得機序についての実験病理学的研究

3.疾患モデル動物を用いた疾患の発生機序解明

4.血液寄生原虫感染症による臓器傷害機序についての重度免疫不全マウスを用いた病理学的研究

5.地球温暖化による植生変化に伴いモンゴル・南米を含めた世界の乾燥地で発生している家畜の植物中毒の病理発生:食の安全とのかかわり

先生からひと言

 砂漠化や異常気象に伴い増加している黄砂・PM2.5の健康影響、がん細胞の悪性度・抗がん剤耐性、疾患の発生機序などに注目し、電子顕微鏡・核酸・タンパク質レベルでの分子病理学の手法を用いた、国際的研究をめざします。さらに、定期的に行われる研究室内英語論文・研究成果プレゼンによる、社会で活躍するために必要な基礎的人間力(コミュニケーション力、自己コントロール力、課題解決力、継続力)の習得を支援します。


主な担当科目

 組織学・同実習、病理学Ⅰ(2年前期)、病理学Ⅱ(2年後期)、病理学実習(2年後期)、

 病理検査学Ⅰ(2年後期)、病理検査学実習(3年前期)、病理検査学Ⅱ(4年前期)、

 卒業論文(2〜4年)


2年生のワークショップ(染色および観察)

臨床検査技術学科では、2年次5月から研究室に入室します。病理学研究室では、ワークショップとして病理組織標本の作製方法をはじめ、各種特殊染色方法、免疫染色および電子顕微鏡標本作製方法等を行います。2年後期からは卒業論文のテーマが決定され、3・4年生と

一緒にチームで卒業論文に取組んでいます。


電子顕微鏡観察

卒業論文で実験を行った動物の組織を電子顕微鏡で観察します。

糖尿病マウスの腎臓の電子顕微鏡臓です(右)。

糸球体の足細胞に着目し、観察しています。


学生が日々研究した成果を学会で発表しています。

左中:薬学会関東支部大会(2019年9月)右:日本獣医学会(優秀ポスター賞受賞2018年3月)


オープンキャンパスの研究室体験の様子

ラット肝臓のヘマトキシリン・エオジン染色を行っている様子です。写真(下中央)の標本を各自で作製しました。


令和元年度 卒業論文テーマ

・黄砂投与実験:黄砂の肺毒性:in vivo, in vitro

・PM2.5粒子投与実験:結晶シリカ(1.8nm:Min-u-sil 5)の肺毒性:in vivo, in vitro 

・シスプラチンによるラット腎(尿細管上皮細胞)傷害発生機序:in vivo , in vitro

・アセトアミノフェンによる細胞傷害発生機序:in vitro

・ジクロフェナクによる細胞傷害発生機序(肝臓):in vivo, in vitro

・ジクロフェナクによる細胞傷害発生機序(腎臓):in vivo, in vitro

・四塩化炭素(CCl4)による肝細胞傷害発生機序:in vivo, in vitro

・四塩化炭素(CCl4)による腎細胞傷害発生機序:in vivo, in vitro 

・ストレプトゾトシン誘発Ⅰ型糖尿病モデル動物を用いた糖尿病の病理学的解析(膵臓)

・ストレプトゾトシン誘発Ⅰ型糖尿病モデル動物を用いた糖尿病の病理学的解析(腎臓)